2007年10月02日

これまで放映したなつかしいテレビドラマ一覧(あ行 あした天気になあれ、明日はだいじょうぶ 、あすか、アストロ球団 他)

★あした天気になあれ。(日本テレビ、2003年)  >>ばついちで1人の娘、実々を持つ坂井花は、友人であるケイトに協力してもらいながら、「テレ日」で降って沸いたように天気予報のキャスターになった、母子家庭の女性の物語である。詳細はこちらから



★明日はだいじょうぶ (関西テレビ、1996年) >>フジテレビ系列で1996年1月8日〜2月26日に放送されたテレビドラマ。全12話の放送予定だったが、視聴率があまり振るわず、8話に短縮された。詳細はこちらから



★あすか(NHK、1999年 - 2000年)  >>1999年10月4日から2000年4月1日まで放映された、NHK連続テレビ小説シリーズ第61作のテレビドラマ。奈良県明日香村と京都市を舞台に、宮本あすか(竹内結子)が和菓子職人として成長していく様子と、それを取り巻く人間関係を描いた。

大島ミチルによる、オーボエを主体としたオープニング曲『風笛(かざぶえ)』(オーボエは宮本文昭が担当)でも知られる。(曲のエンディングにいくつか異なるヴァージョンがあった。)

物語は1960年代から始まって次第に現代に近づき、最終回では総合テレビの放送時刻に(2000年4月1日の朝8時何分レベルまで)同期した。
詳細はこちらから


★アストロ球団(テレビ朝日、2005年) >>詳細はこちらから


★あすなろ白書(フジテレビ、1993年)  >>1993年10月からフジテレビ系で放送された、柴門ふみ原作の同名マンガのドラマ化。 女子大生・なるみを中心にした男女5人の大学生活を描いた作品。 主演の園田なるみ(石田 ひかり)と恋人・掛居保(筒井 道隆)の、結ばれては離れる恋愛模様を縦糸に、 二人を取り巻く恋や友情が横糸として絡まり合い、 『あすなろ会』と云うサークルを通じ、恋愛と友情の狭間で、20歳の日々の苦悩や喜び、 時間の経過の重さや大切さ等の、若さの証の全てを描いた青春群像劇。

ドラマ版で言及されてはいないが、掛居はこの『あすなろ会』を園田なるみのフルネーム(アナグラム。 SONODA NARUMI -> ASUNARO MIND)から思い浮かんだという。

1993年10月11日 - 12月20日、毎週月曜日21:00 - 21:54、フジテレビジョン系列で放映。最終回のみ21:00〜22:24での拡大版。全11話。平均視聴率27.0%、最終回視聴率31.9%。月9。
詳細はこちらから



★新しい風(TBS、2004年)  >>詳細はこちらから

TBS系列で2004年4月15日〜6月24日に木曜22時に放送されたテレビドラマ。

★あきまへんで!(TBS、1998年)  >>詳細はこちらから

TBS系列で1998年10月9日〜12月18日に金曜ドラマ枠で放送されたテレビドラマ。

★アタックNo.1(テレビ朝日、2005年)  >>詳細はこちらから

あらすじ
富士見学園中等部に転校してきた主人公・鮎原こずえが、不良グループを率いてバレーボール部に挑戦。力が認められてキャプテンとして迎えられる。鮎原こずえと仲間達は様々な試練を乗り越え世界を目指す。

★アットホーム・ダッド(関西テレビ、2004年)  >>詳細はこちらから

あらすじ
CMディレクター・山村和之は、「男は仕事、女は家事」という概念を持った、典型的な亭主関白タイプ。妻・美紀と娘の理絵と幸せに過ごし、仕事も順調な時、ついに憧れのマイホームを手に入れ、まさに順風満帆な時を迎えていた。

しかし突然、リストラされて失業してしまう。生活のため和之の仕事が見つかるまで、美紀が以前勤めていた職場に復帰し、和之が専業主夫を努める事になる。和之は、女の仕事と馬鹿にしていた家事に戸惑いつつも、隣の家で専業主夫を努める杉尾優介に指南してもらう中、家族について改めて考えるようになる。
この記事へのコメント
明日はだいじょうぶ (関西テレビ、1996年)のことですが、確か視聴率はそれ程よくなかったかと思いますが、12話が8話になったということはありません。元々初めから8話の予定だったと思います。関西テレビ系のドラマは割と短めのものが多かったと思います。1話から8話まで見ていて内容的にも不自然さはなかったし、始まる前から雑誌などに8話と書かれていましたよ。
Posted by もみじ at 2007年10月04日 13:26
明日はだいじょうぶ (関西テレビ、1996年)のことですが、確か視聴率はよれ程よくなかったかと思いますが、12話が8話になったということはありません。元々初めから8話の予定だったと思います。関西テレビ系のドラマは割と短めのものが多かったと思います。1話から8話まで見ていて内容的にも不自然さはなかったし、始まる前から雑誌などに8話と書かれていました。
Posted by もみじ at 2007年10月04日 13:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58264530

この記事へのトラックバック
映画/アニメーション PR

<0> ■自宅で、パソコンで、カラオケができる、楽しい「サウンドカフェ」サイトをご紹介します ^0^
自宅で、パソコンで、カラオケができる、楽しい「サウンドカフェ」へ!

■【TSUTAYA DISCAS】/ネットでいつでもどこでもお気楽レンタルDVD&CDのサイトです『TSUTAYA DISCAS』/ネットでいつでもどこでもお気楽レンタルDVD&CD!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。